忍者ブログ
今年20歳の息子と15歳の娘、そして5歳の娘!年の離れた兄妹3人のお母ちゃんの子育て珍道中!
08
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 管理画面

    [PR]

    ×

    [PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

    出産レポ:陣痛→出産!

    4月13日に日付も変わった頃、また いつものような前駆陣痛が始まります。
     何分かおきに 痛みがおそってくる。でも、それは規則的ではなく、不規則なまま。
    やっぱり、陣痛誘発剤のお世話になりそうだなと思いつつ・・・意識は薄れ、眠りにつきました。 が・・・
     それから2時間後でしょうか? やっと寝付いたのが真夜中の1時くらいなので、そのくらいしか 寝ていないんでしょうね。

    真夜中の3時少し前くらい。
     また お腹に痛みが走ります。

    また 前駆陣痛が始まったのか・・・と最初は思っていました。
     一応 陣痛チェッカーを起動。 時間の間隔をはかってみます。

    これで 不規則であれば、前駆陣痛だと判明するのでね。
     でも、これが・・・規則的なのです。すでに 10分の陣痛の間隔。

    痛みがない間に、トイレに行っておこうと ベッドから起き上がると・・・
     腰に激しい痛み。
     ベッドから 立って歩くことができないのです。
     立って歩くどころか・・・痛みで のたうちまわるような状態が続きます。

    寝ぼけてた頭の中で、これは・・・本陣痛だと確信。

    陣痛の間隔は・・・すでに7分間隔。
     さすがに、ナースコール!

    「陣痛来てます(T_T) 今、7分間隔です。」


    というわけで、看護婦さんは、分娩準備に走りまして、私は もうしばしベッドにて待機。
     陣痛の痛みの後は・・・深呼吸。
     意識的にやらないと、過呼吸気味になりそうなんで。

    でも、声をあげるほどではなく、まだ耐えられる痛みではあったんですけどね。
     ちなみに、この時点で、子宮口は全開ではなく、まだ7cm。


    それから すぐに LDR室へと移動。
    (陣痛の最中に分娩室に移動せず、L(陣痛)、D(分娩)、R(回復)を一つの部屋で過ごす分娩のための部屋)

    とてつもなく 広い部屋のど真ん中に ベッドがひとつ。

    移動してから、旦那に連絡したほうがいいですか?と聞くと、そういう約束がしてあるのであれば、来てもらったほうがいいですねーと。
     ってか、こんな真夜中に、1人で産むって・・・サミシスギマスヨ。

    どちらにしろ、陣痛が起これば 呼ぶという話はしてあったのでね。

    看護婦さんが言うには、早くても朝の6時くらいに出産になるんじゃないかな?なんて話してまして、あまり早く来ても、待つのも大変よ~。とか 言われたり。

     でもまぁ・・・電話して すぐつながる保証もないんで、まずは電話。

    「陣痛来ました」と。
    夫「オレ 行ったほうがいいの??」

    オィ・・・何のために電話してると思ってるんだ!! と!ちょっと思ったけど、半分痛くてそれどころじゃない罠。

    夫「わかったー 行くわー」と。

    ちなみに、電話したのは、朝4時。
     起きてたのかどうか?までは、ちょっとわかんないですけどねー。

    それから・・・子宮口が全開になるまでに 1時間近くかかったのかな?たぶん。
     痛くて、痛くて、痛くて、大騒ぎ。

    ちなみに、夫は 20分くらいで到着しました。
     子供達は寝ていたこともあって、起こさないで来たようです。

    そうそう・・・看護婦さんに、
    「旦那さん立会いしますか??」って、旦那に聞いてるんだろうけど・・・
    「立会いします!」と 私が答えてました(笑)

    ちなみに、夫は、あまり その意味を深く考えてなかったらし。
     LDR室にいるということが よくわかっていなかったというのもある。

    もともと 陣痛室から移動→分娩室で出産 というイメージしかなかったんでしょうね。

    夫は、隣で座って 悲鳴聞くだけでしたね。
     まぁ・・・立会いしたことないし、何したらいいんだ??みたいな感覚でしょうし。たまに水分補給の手伝いするくらい。

    もうねー。こっちは、必死!
     なんだろー すでに2度も経験してるはずの陣痛なんだけど!
       この痛み 忘れるなんて・・・って感じです。

    子宮口が全開になってからは、早かったようです。
     私自身は よくわかってないです。

    陣痛の痛みを声に出すんじゃなく、痛みをイキミに変える。
     子宮口から、子供を出すというイメージを元に、痛みの力を 下腹部に集中。痛みがなくなれば、深呼吸。

    助産師さんがいなければ・・・耐えていないでしょうし、深呼吸しないと!って思ってないでしょうねー。 頭の中は、パニック状態ですから。

    でも、早く出てこいと 何度思ったことか。

    そのせい??なんでしょうかね・・・
      通常、頭が出て、一呼吸、胴体出して、一呼吸、足出して・・・っていう出産が一般的なんですけど・・・

    頭から、胴体まで 一気に出したらし。
     その後、足が出て・・・って 感じでしたから。

    といっても、自分では、そういう感覚は まーったくなくて、助産師さんの声かけで、頭出たよ~とか・・・っていうのをイメージするってだけなんですが。


    そして・・・助産師さんが思っているよりも 早い時間 朝5時40分に 出産となりました。

    その後・・・生まれたてのチビちゃんを見て
     「出てきたー!!」  って言ったのは 覚えてます。

    3人目 経産婦だったからなんですかね?? 分娩室に入ってから、1時間40分で出産です。

    陣痛が始まりだしたのを入れても、2時間ちょいですからね・・・。
      やっぱ 早いみたい。

    その後 お腹の中から、胎盤を引き出し・・・。
     これもイタイし 気持ち悪いんだ。
    へその緒が胎盤とつながっているので、へその緒を切ったあと、引っ張り出すと子供を包んでいた胎盤が 出てくるんです。
     自分で見たことはないけれど、レバーのようなやわらかな血の塊らし。
     お腹の中に敷いてたシートをガガーッと 引っ張り出すような感覚ですww

    そうそう・・・一気に胴体まで 出したせいで・・・
    一般的には、先に会陰切開といって、あらかじめ切っておくんですけど・・・それを切ってしまう前に、出しちゃったんで・・・変に裂けまくってしまったらしーっす。
     がっつり 縫われました(;´∀`)

    その後は、そのままLDR室にて、2時間は待機。出産後、出血があったりすることもあるのでね。

    ちなみに、その2時間の間に、私よりも早い時間から、隣のLDR室にいた方が出産したようです。姿はなくとも 声は聞こえてくるんでね。

    後から入ったのに、先に出産した私(-_-;

    夫は・・・座りながら 爆睡してました!
       ある意味、ホッとしたんでしょうね。

    でも、分娩中 ほとんど言葉を発せずw 見守り隊でしたけど。
    ってか、子供達 連れてきても、学校行く前だったなぁ~なんて、後から思ったけどww

    そんなわけで・・・2830g。思ってたよりも小さな 赤ちゃんが 誕生したのです。


    拍手[2回]

    PR

    お名前
    タイトル
    文字色
    URL
    コメント
    投稿パスワード(LILA)   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
    非公開コメント
    この記事にトラックバックする:
    [622]  [621]  [620]  [619]  [618]  [614]  [613]  [610]  [609]  [608]  [607
    カレンダー
    07 2017/08 09
    S M T W T F S
    1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31
    プロフィール
    HN:
    lian(りあん)
    誕生日:
    1975/06/13
    最新CM
    [03/24 桜 友蔵]
    [03/23 桜 友蔵]
    [03/23 桜 友蔵]
    [01/24 クララ]
    [01/04 クララ]
    スポンサードリンク


        ◆ graphics by アンの小箱 ◆ designed by Anne ◆

        忍者ブログ [PR]